お知らせ 詳細

★(重要)当サイトの考え方について

2017年9月7日  お知らせ必読

「マンション修繕入札サイト」には毎月多くのお問い合わせを頂いておりますが、本日回答した管理組合様に対する私の文章を下記に掲載致します。

こちらをお読み頂ければ、弊社がどのような考えでサイト事業を行っているか、お分かり頂けるかと存じます。

顔の見える形でのサイト事業ですので、安心を第一に管理組合様支援を行っております。

 

長い管理組合様になりますと、大規模修繕工事ですでに3年半かけて何度も打合せをしている組合様もおりますし(こちらの組合様はさらにこれから設計監理者を決めていく段階です)、私どもが「管理組合様支援を目的としたサイト事業」を行っている事につき、ご理解を賜れば幸いです。

 

以下、文章掲載です。

============

お世話になっております。

「マンション修繕入札サイト」の事業を行っております日本システムマネジメントと申します。

 

この度はマンション修繕入札サイトへご質問を頂きまして、ありがとうございます。

 

最初に私どものサイトと会社の説明を簡単にさせて頂きますと、当サイトは6年前にスタートをしまして、マンション管理組合様にコンサルティングを行っている事業でございます。

世の中にあるマッチングサイトではなくて、必ず私が理事会様や理事の方にお会いしまして、顔の見える形で安心第一で行っているコンサルティングとなります。

 

弊社は、国土交通省財団法人の直受けのシステム開発をしている会社ですので、多くの国交省財団法人様と仕事を直で行っておりますので、世の中の悪徳サイト会社とは全く違うという所をご信用頂ければ幸いです。

 

また私は前職で総合不動産会社に勤めておりましたので、IT企業の弊社ではございますが、私自身は長年不動産の仕事をしてきた人間でございます。

ですので、マンションの大規模修繕工事や管理会社変更等、あらゆる管理組合様の困っていらっしゃる事に対して、ご支援をさせて頂いております。

 

このようなサイト事業及び会社でございますが、ご質問の大規模修繕工事の比較については下記のような事が一般に多くのマンションで行われております。

 

1.【設計監理方式について】

ご質問にあるように「金抜き」の統一仕様書が無い場合は、大規模修繕工事の内容比較を業界外の素人である管理組合様が自分達で判断する事は、かなり難しい事だと思います。

 

 ①劣化具合からして貴マンションの現状に「必要な仕様項目」かどうか

 ②部材のグレード(Aランクの部材、Bランク、Cランクなど)

 ③部材の数量(本当に必要な面積を工事するのか、もしくは架空の水増し数量となっていないか)

 

など、①②③だけを取っても、工事会社数社に単に見積書を出してくれと言っても、バラバラな仕様項目と数量が出てくるので、それを管理組合様の方で判断するのは至難の業だと思います。

 

このため、大規模修繕工事では一級建築士である設計事務所に「設計監理業務」をお願いして、統一仕様の作成(金抜きの見積内訳書の作成)や工事監理をお願いするのが一般となっております。

 

例えば、管理組合様の中に大規模修繕工事に精通した一級建築士がいらっしゃれば、その方が設計監理を引き受けるという事は可能です。

ですが、そういう方がいない場合、やはり設計事務所に「建物調査診断」、「必要な仕様項目の判断、数量の積算」、「工事会社選定補助」、「工事監理」等を頼む事が肝要かと存じます。

 

2.【管理会社主導方式について】

 私どもは管理組合様支援の目的で6年前にこのサイトを立ち上げ、コンサルティング事業を今までたくさんの組合様に対して行って来ました。

 管理会社の中には、設計監理業務を引き受けて、談合を仕組む管理会社が本当に多いのが現実です。

 

 もしもお住まいの管理会社が談合を仕組む管理会社だった場合、工事金額の20%程度は適正利益以外のマージンとして、騙されて無駄に支払わされる事となります。

 仮に大規模修繕工事が5000万円で出来るのであれば、6000万円はかかる事になり、1000万もの大金を、無駄に管理会社に対して上納している事になります。

 

 お住まいの管理会社がそういう談合を仕組む管理会社か、そうでないかについても、私どもは沢山の戦ってきた事例がございますので、その判断をお伝えする事も可能です。

 

 また管理会社主導方式の中では、管理会社自身が設計監理者にならなくとも、「裏で紹介した設計事務所」が公募の新聞から、しれーっと参加して設計監理業務を受託し、管理会社に成り代わって談合を仕組む事も多くあります。

 

 これが当サイトのブログ欄にも掲載しているように、今年1月に国土交通省から注意して下さいという通知が出された事になります。

 

 

私どものサイトを使うかどうかは、理事の皆様、理事会で決める事だとは思いますが、メール文章だけだと私が申し上げたニュアンスが伝わりませんし、限られた事しか話せませんので、よろしければ一度お会いさせて頂き、資料を基にご説明する事もできます。

 

もちろん私が説明をしたからといって、その後に強引な営業は一切致しませんので、その説明だけで終わっても結構でございます。

 

 

この大規模修繕工事は、工事の仕様項目などを決める「設計監理者」が誰になるか、が一番重要です。

談合を裏で行わない信用できる一級建築士に依頼する事、またその一級建築士を選ぶ見極めが、とても大事です。

 

(当サイトでは、悪さする談合設計事務所に任せてしまった管理組合様から、設計検証をして欲しいという依頼も数多く行っているくらい、世の中では設計事務所に騙されてしまう事が横行しています)

 

以上、長文になりましたが、よろしくお願い致します。

=========================

 

このような考えを基に、管理組合様支援で行っておりますので、何かお困り事がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

よろしくお願い致します。